常に「お金ない」と言っている人が周りにいませんか?周りにもいるけれど自分も言っている人、注意が必要です。
お金がないと言っていれば人から妬まれることもないし借金の申し込みをされることもない、安全だと思ってのことかもしれません。
ですが「お金がない」と常に言っていると本当にお金がない状態を引き寄せてしまうし印象も良くないのです。
お金が貯めることができない人なんだと周りに認識されてそういう目で見られると気がついたのです。
ある年代になってからは「お金がない」なんてあまり口に出すべきことではないなと痛感しました。
20代、まあ30代前半くらいまではいいかもしれません。
ですが40代からは「お金がない」と言うとこの人は一体今まで働いていてお金を何に使ったのだろう、借金があるのは何でだろう、少しは貯金してこなかったのかな、計画性がないんだなと内心思われてしまいます。
もちろん、仕事だったり、やむにやまれぬ事情で経済的に苦しいことは誰にでもあります。
ですから、そういう状況でも前向きに頑張ればいいだけなのに、ことあるごとに「お金がない」と言われては話しかける方も気を使うし、だんだん疎遠にしようと思われるので結果的に自分自身が損な目に合うことも多いのです。
まずは心がけから大切です。
過払い金請求 着手金無料

「お金がない」と言うよりも「貯金したい」と言い換えるだけでも印象は全然違います。
口にすれば行動するしかありませんから、小銭からでも貯金しようっていう気持ちになれると思います。