» 2014 » 3月のブログ記事

近所の居酒屋さんが主催しているフットサル大会に行ってきました。
大会に出るのは、私じゃなくて相方だけど…応援という名の付き添いで毎回一緒に行っています。
2月に練習に行き始めた頃は寒さに震えていましたが、今日はお天気も良く春の日差しがぽかぽか。
まさにフットサル日和でした。
今までの練習試合とは違って、大会はすごく人数も集まっていて盛り上がりました。
8チームの合計で50人以上はいたと思う。
さらにうちみたいに家族連れの所もあって、かなりの大所帯。
試合を見るのはもちろん、付き添い同士での井戸端会議も盛り上がります。
試合は、女性の方も参加していてとっても楽しそう。
しかも、女性がゴールすると得点が2倍になるらしい!!これは、ぜひ私も出てみたいなぁと思って企んでいます。
が、チームメイトのパス回しの練習に混ぜて貰っても「子守してもらって良かったな」と言われるお子様レベルな私が試合に出られるにはまだまだ練習が必要ですね…。
まずは、応援に来てる子供たちを誘って一緒に練習して貰おうかな?。
巻き爪だとフットサルをやる時痛いですよね。

VIOライン脱毛もハイジニーナ脱毛はいまや当たり前って感じになりつつあるわよね。でもVIOって実際、詳しく知ってる?Vはビキニラインで昔から水着を着る際には気をつけていたい部位だわよね。Iラインは股の間、Oは肛門周辺でこれをVIOラインと言うの。ハイジニーナとは衛生的と言う意味があって、VIOラインの無駄毛を処理することでデリケートな部分が清潔に保たれるってことなのよ~それだけにVIOラインの無駄毛処理は中が必要!デリケートな部分の無駄毛は非常に濃く、太い毛が特徴で毛抜きやカミソリなどで自己処理をすることはオススメできないの!自己処理をするには傷つけてしまう恐れやばい菌や雑菌でトラブルを起こしてしまいかねない部位だし、Oラインの自己処理は不可能に近い部位でもあるからVIOラインは自己処理は避けた方が良く、エステサロンやクリニックで脱毛を行うのが一番良いでしょう!エステサロンなどでは自分の好きなデザインにすることもできるのでプロにお任せしてみては?エステサロンやクリニックのVIOライン脱毛はVIOラインの得意なサロンやお得な料金設定などがあるのでキレイに処理をしてくれるサロンのお試しでトライして自分に合うサロンを見つけるといいわね!

アンチエイジングだけではなく、美容全般に言えることは、なによりデトックスだと思います。
老廃物が体内や血管に溜まれば、身体が錆びつき、むくみも出ますし、肌も荒れてしまいます。
それを防ぐための方法を書きたいと思います。
まず、リンパの流れを良くします。
顔のマッサージをしている方は多いと思いますが、肝腎なのは、最後に首筋を上から下へマッサージして、老廃物を鎖骨の窪みにあるリンパ節に流すことです。
これをしないと、折角のマッサージも意味が半減してしまいます。
老廃物を体外へ排出するリンパへ流すことが大切です。
腕は、腕の内側を手先から脇の下へとさすります。
足は、まず足の内側を足首から鼠蹊部へとトントンと軽く叩きながら上がって行きます。
それを数回したら、今度は足の外側をももから足首へと叩きながら下りていきます。
最後に、鼠蹊部を内側から外側へとトントン叩きます。
これで、鼠蹊部のリンパの流れを活性化させます。
また、水分を充分に摂ることも、体内の循環をよくします。
血液をサラサラにするためにも、水をよく飲みましょう。
プエラリアの効果や副作用

最近というかここ数年あんまりテレビを見なかったのですが今年はサッカーの
ワールドカップもあるしということでスカパーに加入してみました。
初めてそういう地上デジタル以外というか有料放送に加入したのでかなり新鮮でした。
今は2週間お試しキャンペーンみたいなのをやっているみたいですね。
自分もそれに加入したのですがなんか実際に映りはじめるまでにはタイムラグがあるみたいで
加入したのはいいけど放送が受信できなかったのでなぜか普通に加入してしまいました。
まあ元々加入する前提で申し込んでいるのでいいんですけどね。
それでも映らなかったのでサポートみたいなところに電話するとチャンネルを合わせて
ある程度そのまま放置していないといけないみたいですね。
それで2日か3日後ぐらいには普通に見られるようになりました。
結構最初から見ようと思っていたサッカー以外にもいろいろなチャンネルがあるんですね。
普通にテレビを見るよりも楽しめるような気がしますがテレビは見始めると止まらなく
なるので今はあらかじめ見たい番組がいつ放送されるのかだけを調べてその時だけ
テレビを付けるようにしています。
あんまりお試しキャンペーンの意味がないですね。
とりあえずチャンピオンズリーグとワールドカップは全試合見れるようにしたいと思います。