» 2014 » 5月のブログ記事

私のムダ毛処理にとって、欠かせないアイテムといえばカミソリが挙げられます。
カミソリはコンビニやドラッグストアなどどこでも手に入りますし、あまりコストを掛けずに手軽にムダ毛処理できるのがありがたいなと思います。
また、場所を問わず全身使うことが出来ますし、毛抜きのように一本ずつ処理をするといった必要も無いので、手軽に短時間でお肌を綺麗にしたい時には役立ってくれます。
私がカミソリを使う時には、まずシャワーなどで素肌を万遍なく濡らすようにしてからせっけんかシェービングフォームを肌の上に乗せていきます。
そしてあまり力を入れずに押し付けないようにして、軽くお肌の上にカミソリを滑らせていくようにします。
毛の流れに逆らわないようにして剃ることが多いですが、剃りにくい時には毛の流れに逆らう時もあります。
カミソリを使ってお肌をお手入れした後は良く肌をすすいでから、ボディクリームやボディローションなどでお肌を保湿したり、時間に余裕がある時は肌を冷却するようにしています。
カミソリは手軽ですが肌への負担がとても大きいので、アフターケアが大事です。
脱毛ラボ 初回

つけまつ毛を着けると、まつ毛の量が増えて目元がくっきりします。
けれども、着けてみたら地まつ毛とつけまつ毛が馴染まず、近くで見たら違和感のある目元になってしまうという場合もあります。
せっかく買ったつけまつ毛なのに、違和感があるので使えずに引き出しの中にしまっておくのは勿体ないです。
そのようなときは、つけまつ毛の毛の部分をカットして軸のみを使います。
二重テープの代わりに、つけまつ毛の軸に糊を塗ってからまぶたに着けると、まぶたが持ち上がって綺麗な二重のラインができます。
この時、軸をまぶたの際に着ければより自然な二重になりますが、好みによって着ける位置を変えてみるのも良いと思います。
その後、マスカラとアイシャドウを塗ったら目元のメイクは完成です。
また、つけまつ毛の軸が黒や茶ならば、アイラインの代わりとしても使えます。
違和感があって使えなかったつけまつ毛も、軸のみならばとても自然な目元メイクを実現できます。
まつ育ができるまつ毛美容液

この前ブックオフに行って色々な本を見ていたらその中に探偵の本がありました。
その本を買おうかと結構な時間悩んでしまいました。
これは決して探偵になりたいとかそういう理由ではありません。
仕事の関係でちょっとそういった情報を仕入れておいたほうが役に立つかなと
思ったので買おうかと思っていたのですがちょっと読んでみるとまさに内容が
これから探偵を自分で始める人向けの内容だったので今回はスルーしました。
まあ情報として持っておいても良かったのかもしれませんが。
もう一つの理由としては探偵の本を買うと店員に変な人だと思われそうだからです。
これは完全な自意識過剰というか被害妄想なんだと思いますが探偵の本なんて
買う人はまずなかなかいないわけでそれこそパートナーの浮気の証拠をなんとか
自分で掴みたいとかそういう人だと思うので自分がそう思われたくないという
一心から買うまでの勇気が出なかったんだと思います。
きっと買っていたら今度から店員の間で「探偵」とかいうアダ名を付けられるのでは
ないかと内心ビクビクしていたのでしょう。
もうちょっと業界の情報とかそういうライトな本なら良かったんですけどね。
それか他に買う本があればその他の本で探偵の印象は薄めることができたのかも
しれませんがその時はその本しか欲しいと思うのがなかったんですね。